新着
教育課程の基本方針   1 教育関係法規及び学習指導要領に基づき,一人一人の児童生徒の実態及び学校や地域の実態を十分に考慮して,適切な教育課程の編成に努める。   2 小学部・中学部・高等部の一貫性のある教育課程に留意し,各学部の特性を生かし,全体として調和の取れた教育課程を目指して編成する。   3 多様化している児童生徒の実態を的確に把握し,教育課程の類型を設け,個に応じる指導など指導計画を工夫すると共に,弾力的な編成をして実施に当たる。   <本校 教育課程の類型> 多様化している児童生徒の実態に応じるため,及び,小学部・中学部・高等部における指導の関連を図り,複雑多岐に渡る教育課程の全体像を分かりやすいものにするため,本校の教育課程を表のように大きく三つの類型に分ける。   類 型 対象 指導計画の内容 各教科の取扱い Ⅰ類型 小・中・高等学校に準ずる教育課程 知的障害を伴わない児童生徒 小・中・高等学校に準ずる各教科等を学習 各教科の目標・内容等は,小・中・高等学校の各学年に準ずる各教科,道徳科,外国語(外国語活動:小),総合的な学習(探究)の時間,特別活動並びに自立活動で教育課程を編成する。 Ⅱ類...